体外受精の方法

現在の取り組みやトレンドについて

体外受精は、不妊治療の一つです。不妊治療には、タイミングを見て性交渉をするタイミング法や、排卵した日に合わせて精子を採取し、特殊な器具を使って卵子に注入する人工受精、精子と卵子を体外で受精させてから子宮に受精卵を戻す体外受精といういくつかの種類があります。 そのなかで体外受精は、高度な技術と1回30万円から60万円という高額な料金がかかることが特徴です。ですが、排卵障害や子宮内膜症、男性不妊などといった症状の人でも妊娠ができる可能性があるという画期的な治療法です。 現在では、女性側の体の負担を抑えるために、取り出した卵子を冷凍して保存しておくという治療法もあります。ですが、体外受精の多くは保険適用外のため高額になることが特徴です。

体外受精を利用しての妊娠はどこで受診できるか

体外受精は産婦人科や不妊治療専門のクリニックで受けることができます。 通常は体外受精を行う前にタイミング法や人工受精といった、体外受精に比べて体や経済的に負担の少ない治療法を試してもなお妊娠を継続しない場合に行うことが一般的です。 しかしながら精子の運動量などを検査し、人工受精では効果が少ないと思われる場合や、高齢などで治療が急がれる場合は体外受精を早めに行う場合もあります。 不妊治療は、さまざまな専門クリニックなどで行われています。その中で病院を選ぶためには自分の家や職場から通いやすいところであるとか、診療方針に納得できるところや、検査やカウンセリングの方法などが自分に合っているところを選ぶことが必要です。